2008年4月8日火曜日

Mr.T

この業界にいて最大の恩人のひとりMr.T。
恩人はいっぱいおります(●´―`●)はい。

Mr.Tとは私の最初の長期連載の仕事を
推してくれた時から、誌面は色々変わって
もS社の連載には全てこの人とやってきたです。
最後にやったのはUJ誌での仕事でやったとき
なのでだいぶ時間が経ってしまった。
そのMr.Tと久しぶりにお話をしました。
お食事で昨年末と先月にもあってるけど。

年を取ると編集者は年下の人ばかりになって、
作家は扱いにくい存在になっていくのだろうね。
H氏は同じくらいなんでホッとしますがw

ヴァイタリティ溢れるMr.Tの逸話はたくさん知ってい
ますが、今回話していて「年取った~」と初めて聞き
ました。

現場の仕事をこよなく愛するMr.T。まだまだ元気に
オレに渇をいれてくだされ!